13ドラフト「国籍」消滅 静岡商・新浦/静岡2日刊スポーツ-7/13(金) 6:00

初優勝のかかった興国(大阪)との決勝は、丸山朗との息詰まる投手戦の末、0-1で敗れたが、新浦の目に涙はなかった。

泣きながら甲子園の土をかき集める仲間たちを冷静に見つめ「また来てやるという意識が強くてね。来年は(優勝旗を)取れると思っていたから(土を)持ち帰らなかった」。

この一連の騒動を機に、ドラフト対象選手規定から「日本国籍を持つ者」が消され、その後「日本の学校に所属した選手はすべてドラフトにかける」と変更された。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2018年07月13日 sports ニュース一覧