【燃費】まじめに燃費向上を語り合うスレ 56 km/L

よくある質問 Q&A
Q.燃費ってなに?
A.ねんぴ【燃費】
ある距離を走ったり、ある仕事をしたりするのに必要な燃料の量。
自動車の場合は1リットルの燃料で走行できるキロ数で表す。燃料消費率。
大辞林 第二版(三省堂)
だけど、普通に燃料費の意味で使うことも多いので、目くじらたてるな。
高燃費とか燃費上昇とか書くとどっちかわからんこともある。
紛らわしいといやなので、燃費は「良い」「悪い」と書くのが吉。

Q.同じ道を走るのに、低回転高負荷4速と高め回転低負荷3速、どっちがいい?
A.一定速度で走るなら、一般的に低回転が有利。ATだと特に。
ただし加速余裕ない状態や、全開になる状態だとギア落とした方がいい
加速時は高め回転アクセルやや開を短時間の方がいい(燃費不変または改善)

Q.暖機は何分必要?
A.基本的に停車したままの暖機運転は燃料のムダ。
すぐ走り出して、エンジンその他各所が暖まるまでおとなしく走ればよい。

Q.夏と冬、どっちが燃費いいの?
A.エアコン(A/C)をつけないなら一般には夏。
理由は暖機時間短縮、スロットルロス低減と思われる。

Q.冬の暖房は燃費に影響する?
A.A/Cつけない(除湿暖房しない)なら、ほとんど影響しない。

Q.とりあえずATでの燃費向上ドラテク教えて
A.
・急発進、急アクセルをしない。
・燃費計つけてアクセルワークを工夫。
・加速時は、変速ポイントでアクセルを緩めて早めにシフトアップ。
・ブレーキを踏まなくても済むように先読み運転。
・減速時のエンブレによる燃費カット。
・信号手前では後続車を意識しながら惰性を利用。
・安全のためにも燃費のためにも下り坂道でのシフトダウン。
・上り坂ではセレクトレバー位置での差は少ない。
 JAFのユーザーテストではシフトダウンした方が良い、との結果。
・標準空気圧、または少し高め。
・燃費に優しいタイヤを選ぼう。
・暖房時にはACを切る、曇るならまずは少しだけ窓を開けてみる。
・冷房時にはMAXにしない。
・不要な荷物を下ろす。

Q.タイヤ空気圧と燃費と安全性の参考サイトは?
A.
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20031205_1.html

Q. アイドリングストップは何秒から効果あります?.
A. 自分で判断してください。
  ガッテン快適!節約運転術
実験方法:
300メートルごとに停止、3キロメートル走行。アイドリングストップする場合としない場合で消費量を比較。
結果:
アイドリングストップした場合:210ミリリットル
アイドリングストップしない場合(5秒):230ミリリットル
アイドリングストップしない場合(10秒):251ミリリットル
アイドリングストップしない場合(20秒):254ミリリットル
アイドリングストップしない場合(30秒):260ミリリットル
注意:
アイドリングストップは混雑時、渋滞の原因となることがあります。
ちなみにスターターの寿命は約6万回程度。
http://www.eccj.or.jp/idstop/inspection/34-40.pdf

Q.ATの構造について簡単に説明しているサイト教えれ
A.
http://rintaku.ld.infoseek.co.jp/at/mecha.htm 【リンク先消滅】

Q.窓開で高速走行は燃費にどうよ?
A.多少は燃費に影響。ただしエアコンよりはまし・・かもしれない

Q.カタログ燃費の何割くらいで普通の燃費?
A.普通の燃費なんてない。道路状況次第。
 だから燃費数値や実燃費/カタログ値を他人と競い合うのは無意味。
 燃費数値そのものを目標にせず、上昇具合を自己満足の指標に。
 達成した数値を目標にするなかれ。燃費向上のプロセスを楽しむべし。

Q.電装品を使いまくると燃費悪化しますか?
A.普通の使い方ならまず影響しないが、ライトなどフル作動だと少しは変わるか?

Q.ガソリン満タンにすると燃費悪化するの?
A.微々たる差と推測される(ガソリンの比重は約0.75、50リットルで38Kgほど)。
 スタンドが遠ければ給油回数多くなる分悪化するかも

Q.ニュートラ惰性走行は燃費にいいのか?
A.こっちのスレでも詳しく検証されてます。
【燃費向上】ニュートラル走行議論スレ【N走行】  ※落ちてます
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/car/1187704896/
基本的にMT向けの技術ですが、一部AT車でもニュートラ走行を
燃費向上術として推奨しているものがあります(VW主催のエコドライブ教室など)。
自分の車の取説などもよく確認してみましょう。

Q.風が吹くと燃費は悪化するの?
A.かなり悪化。往復しても帳消しにできずトータルでも悪化

その他
○燃費の悪いでかい車にもそれなりのエコランがある。

□ためしてガッテン(2000年5月24日放送)より保存

・ガッテンタワー「あかぶた」
あ:アイドリングストップは5秒以上
か:空ぶかしは、もういらない
ぶ:ブレーキはガソリンの無駄
た:タイヤでガソリンの節約

・「ギアー!こんなに違うの!?」
実験方法:
シャーシダイナモメーターにより強制的に駆動輪を回し(時速40キロメートル)下り坂を再現。
オシロスコープでインジェクターの噴射時間を測定し、換算。
結果:
ドライブで走行したとき:2.24リットル/時間
セカンドで走行したとき:0.28リットル/時間

・エンジンブレーキについて
エンジンブレーキ:
セカンドなど低速ギアにしたときに、エンジンがかけるブレーキ
フューエルカット:
昭和62年以降の車に順次採用されている。
差額の換算:
坂道で生じた差が50km走って223ミリリットル。年間走行距離(8931km)だと
3.983リットル。およそ4000円。

●2015年度燃費基準策定時の想定燃費改善技術と改善効果
<ガソリンエンジンの改良>
 4バルブ →1%
 2バルブ&2点点火 →2〜4%
 可変動弁系 →1〜7%
 直噴ストイキエンジン →2%
 直噴リーンバーンエンジン →10%
 可変気筒 →7%
 ミラーサイクル →10%
 大量EGR →2%
 ローラカムフォロワー →1%
 オフセットクランク →2%
 可変圧縮比 →10%

<補機類損失低減>
 電動パワーステアリング →2%
 充電制御 →0.5%

<駆動系改良>
 アイドルニュートラル制御 →1%
 AT多段化 →1〜4%
 CVT化 →7%
 自動MT(AMT・DCT)化 →9%
 MT化 →9%

2015年度燃費基準の策定議論の際に想定された燃費改善技術であるが、現時点で、普及率が1/2を超えている項目としては、4バルブ、可変バルブタイミング、オフセットクランク、電動パワーステアリング、充電制御などがある。
また、普及率が1/3を超えている技術としては、CVT(自動無段変速機)、アイドルニュートラル制御などが挙げられる。

8)その他の燃費改善技術
 補機類損失の低減技術としては、電動パワーステアリングや充電制御などの採用が拡大している。
 走行抵抗の低減技術としては、車両の軽量化(軽量材料の採用拡大、ボディ構造の改良、小型化)や空気抵抗の低減(ボディ形状の改良)、ころがり抵抗の低減(低ころがり抵抗タイヤ)が着実に進められている。

■自動車の燃費向上のためのエコ技術

[1] <自動車の燃費向上の現状> http://www.jama.or.jp/lib/jamagazine/201005/05.html

[2] <自動車の燃費改善技術> http://www.jama.or.jp/lib/jamagazine/201005/06.html

俺は10代のお金がない頃にホンダのスポーツカブ(55cc)に灯油を混ぜて走っていた
アマル式キャブやバルタイなどの調整で30%ぐらいまでおkだった
なんせボーリングまで自分でやった代物だ

この時代になってエンジンを弄った事や基礎的な知識もなく燃費を語るには無理
EGRの話へもっていこうにも「それ何!」では話にならん

灯油で思い出したけど、灯油に混ぜるだけで軽油として使える液体が販売されてたことがあったよな。
ガソリンに灯油って白煙がすごそうだけど、大丈夫?
馬力は確実に落ちるから燃費は悪いだろうな。

カーボンとかたまって燃費落ちそう
これがいちばん燃費にはいいと思う

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6225707

4stガソリンエンジンを灯油100%でテスト
https://www.youtube.com/watch?v=XpnhIDTa0h0

車間距離2台分、約10mで50?qから急ブレーキされても
反応までふつう0.5秒、うっかり1秒かかっても
停止時に約2mは車間は確保されてる、ふつうなら安全な範囲
燃費には車間10mはきびしい、20m以上は燃費にはいいが開けすぎ

燃費を追求しすぎると交通には良くないのか
加速は緩やかになり車間距離は開きすぎる
車としての理想を求めるならある程度のところで妥協して、
燃費と交通のバランスを取る運転を狙わないといけないのね

アクアやプリウスって明らかに
アクセルレスポンス悪くしてるよね
燃費良くするために
フィットハイブリッドは加速いいけど燃費悪い

冬期限定なんだけど純正エアクリボックスの
空気取り込み口に内径25?_で1.5メートル位のホースをツッコミ
ホース先をエンジンルーム後方まで伸ばして
吸気温度が外気温度より高くなる様にしてみた
外気温0度位だとOBD2機器で10度ほど高く表示する
ガソリンは吸気温度が低いと濃くなるので
パワーは落ちるが燃費が良くなる

でも、それって吸気温の誤作動でガソリンを少量に噴射するようにするわけだろ?燃調補正のコントローラーつけたら良いんじゃない?

軽自動車には軽油
重量車には重油
これは常識

ガソリンってなーに?

重機:重油
トレーラー:ラー油
消防車:しょう油
トヨタアクア:水

当然だけど、ハイオク車はハイオク入れたほうが燃費いいんだな

燃料薄くすれば パワーも上がって燃費も良くなる けどエンジンが熱量に耐えれないから
燃料あまり薄くできないこれってあってますか?

◎グリル制御

「ワゴンR」は意外にもエンジンルームにアンダーカバーが付いている
オイルパンの位置には交換時のためのハッチまである
軽でここまでやる車があるとは知らなかった
これは空力の改善の他にエンジンルームの温度をフロント側からの流入空気量で調整できる
自分の車にもやるしかない

http://ibaraki-suzuki.up.n.seesaa.net/ibaraki-suzuki/image/IMG_0833-thumbnail2.JPG?d=a1
無人航空機の開発で使用している「Atmel」のチップでアクチェーターとして取り合えず
簡便なRC用のサーボでフロントの自作グリルシャッターを制御すれば済む
当初は温度センサーでの自動制御でなくモニター経由の手動(Bluetooth/Android)のつもり
手動なら下り坂の手前で上限まで温度を上げたり帰宅前に下げることもできる

ホースをアルミ蛇腹に変えた
空気取り込み口を全部繋ぐ様に
内径75?_
外気温8度で OBD2機器でMAX40度から16度まで
上がったり下がったり
今まで長距離の燃費18 km/L 超えた事無かったのが
いきなり23 km/L超えた

冬に燃費が悪くなるのは燃調以外に空気抵抗のせいもあると思う
ゴルフやる人は分かると思うけど冬は空気密度が上がるせいで5-10%程度飛距離が落ちる
つまりそれだけ空気抵抗が増える
燃費にもかなりの影響があるはず

つまり赤道の国に行けば燃費がよくなるのかあ
年中、夏のところがうらやましいわー
寒いわ燃費も悪くなるわってツライ

東京がまさかの最下位ww なんでや、信号と渋滞のせいかな
北海道は寒さなんやろうな
道で考えれば見通しも良く、見通しの良い高速で行けそうだから伸びそうなものだが…

良いほうも四国が上に来るのは意外だ
暖かいってのはあるが、
それ以上に山道や高低差がネックになると考えていたので…

俺は北海道をマイカーで回った時はオドメーターがありえないほどの数字が出て、壊れたんだと勘違いするほど燃費が良かったけどな、ちなGW頃

◎冬場の短距離走行(シビアコンディション)

チョイ乗りなど短距離走行を繰返す場合は各メーカーともシビアコンデション
として注意を促しています(エンジンオイルの劣化促進)
一回が8km以下としているところが多いものの温度の指定がありません
そこで気温による短距離走行上限値を求める近似式を下記に示します

水温=気温と仮定
短距離走行上限値(km)=(((80−気温)/10)^2)/4

-10度  約20km
0度   約16km
10度  約12km
20度  約9km
30度  約6km

※個々の距離の絶対値ではなく温度変化による距離変化の目安として下さい
冬場の短距離走行は燃費の低下のみならずシビアコンディションにも気を付けましょう
特に軽のCVT車は暖機に関しては最悪です(熱源、CVTへの冷却水からの熱交換及び熱容量)
この問題に対応するにはエンジンルームの保温しかありません(前以外に上と下も重要)

ラジエーターを冬眠させてはいけません

ありがとう
速度は遅い方が燃費が伸びるんすね
基本を学ぶのは大切

1番上のギアの適正速度帯が燃費最もいいのでは?と思ったけど違うのか
3000とか4000回したらそりゃ燃費も悪いだろうし

速度が低いと空気抵抗は小さいがエンジンの効率は悪い。
速度が高いと空気抵抗は大きくなるがエンジンの効率は良い。
それらがバランスして燃費が良くなるのが70〜80km/h辺りになる車が多い。
ただし定速走行時に限る。

今時の燃費重視した車高が高めの小排気量車は
実測してみると40〜60Km/hだな
80も出したら50よりだいぶ燃費悪化する

例えば同じ走行距離50kmを
山を登って戻ってくる(下りはパーシャルスロットル)
平坦な道を走る
比べるとやはり山に行く方が燃費は悪いんだろうか?
信号や渋滞、カーブは無いという仮定条件で

アクアとデミオのハイブリッド
ディーゼルハイブリッド
マツダトヨタ共同開発したら最強じゃない?

今時の車はメーター読みでは4-50?`が一番燃費がいいのが多い
背の高いやつは特にそう
30切ると悪くなる
60超えても悪くなる

高速のほうが燃費良くなるのは一部のとても効率の悪い車だけ

おいらは45〜60の間で走るようにしてるけど
実際、何キロが一番良いかわからん。

トップギアに入っていて、一番低速が
回転数が一番低いから一番燃費良い気も
するんだけど、どうなんだろうね。

ちなみに、ゼロ発進から50kmに到達するまで
約400〜500mかけてる

急加速しないで、なるべくブレーキを踏まないのが
低燃費の基本だけど
とくにゼロ発進のときの加速は重要な気がする

燃費を追求すると外車の乗り方とは逆になるのね

JC08試験中の巡航速度がもっとも燃費がいいに決まってるじゃん

頭悪い人に燃費運転は難しいからね
この流れ見たらわかるとおり語るだけ無駄よ

山間部は燃費悪いていうのも間違いだよな

確かに上り坂は燃費悪いけど逆に下り坂は燃料消費0だからトータルだとあんまり変わらないんだよな
むしろ良くなる場合もあるし

まず先を見通す事
3つ前あたりの信号の状態を常に把握して
走ることが基本だな

山間部が燃費伸びる?またまたご冗談を
平地が一番燃費が良いよ

その山間部のコースにもよる
ブレーキで減速しなくてはいけないヘアピンが連続するようなコースなら伸びないね
上りは平地より明らかに燃費よくないし

山間部って標高によっては酸素濃度低くなるからパワーダウン=燃費悪くなるんじゃないの?

登りの燃料消費量が平地の2倍でも下りをほぼゼロで行けるとすれば平地オンリーの燃費と同じになる 細かいことは抜きにしてw

渋滞してる市街地を抜けるよりも信号すら無い山道抜けた方が燃費がよい、消費が少ない
と言う事は有り得るだろうけど、同じ条件なら高低差は無い方が良いだろ

エンブレ掛けちゃうんだ
尚の事燃費悪くなっちゃうな

下りで「ゼロ走行」というが、
本当にガソリンを一切使わずにいけるもんなの?
下りでエンジンブレーキのみで行くといっても、
場所によってはエンジンブレーキとブレーキで速度を落としすぎて加速とかするっしょ

とりあえず日本語で書いてくれ
それと燃費以前に前提となる知識がID:Q1d2A9eP には足りていないようだから、このスレでは建設的な話はできないな
勉強して出直してこい

0 - 1(次) - 2 - 3 - 4

引用 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/car/1482903885/

キーワード : 燃費 - ガソリン - 自分