Oracle>>>>>>SQLServer 3ページ目

61 : >60
実アプリではこんな使い方しねーよ
生粋のOracle社員の意見だな

  • 63 >> 61
    何故>>60がOracle社員のカキコに見えるのか意味不明
  • 70 >> 61
    SQL92の定義が使えないのは問題かと・・・。
    あと、ロックエスカレーションもエンタープライズで使えない原因。

    同じロック粒度でもSQLサーバではデッドロックでトランザクション障害となる。
  • 77 >> 70 はオラクルの話してるの?
    ロックエスカレーションってさ普通一つ〜複数のトランザクション間の
    リソースロックの連鎖によって
    行→ブロック→セグメント→テーブルとロックの範囲やロックの強度があがることを
    普通言うと思うんだが。。違うわけ?

    ちなみにオラクルはロックエスカレーションを起こさせないはず。
  • 97 >> 70
    デッドロック=トランザクション障害 = つかえない

    ということが基幹で成り立つか?

    答え:ありえない。 デッドロック発生の予測不足

    もう一回まわせばいけるんだからアプリケーション側でリトライするだけさ。

66 : >60の構文ってどういう意味なんでしょうか。
外部キーの値設定?
Oracleを知らない厨に教えてくだされ・・・

68 : これを見ると、SQL Server が Oracle を越えるのは無図化しそう

デルとオラクル、両社製品を組み合わせて提案・提供する共同営業体制を確立
http://linux.ascii24.com/linux/news/today/2003/09/19/646030-000.html

日本オラクル、営業支援プログラムのサービスでMIRACLE LINUXを配布
http://www.zdnet.co.jp/enterprise/0309/17/epn09.html

国内データベース製品シェア1位はオラクル
http://www.mainichi.co.jp/digital/computing/archive/200309/05/5.html

ミラクル・リナックス、ネットワーク・アプライアンス社と大規模Linuxシステムで提携
http://linux.ascii24.com/linux/news/today/2003/09/19/646047-000.html

http://www.mainichi.co.jp/digital/computing/archive/200309/05/4.html

http://linux.ascii24.com/linux/news/today/2003/09/01/645726-000.html

71 : Ora信者 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

  • 72 >> 71
    Ora信者じゃないよん。OCPだが。

    SQLServerの良さもあるよ。
    同レベルの技術者ならSQLServerの方が高度な部分まで使えるし、
    デフォルト(チューニングなし)ならSQLServerの方が確実に高速。

78 : 後、オラクルでも限定状況でテーブルリソースを行ロックのつもりでも
セグメントロックになることはあるよね。
(ビットマップインデックス使用時とか。)

どのレベルで比較してるのか頭から見たんだけど、どうもわからんかった。。。。

後72にちょっと突っ込みなのだが。。。。
>デフォルト(チューニングなし)ならSQLServerの方が確実に高速。
こんなんで金もらえる仕事なら紹介してよ。。w

79 : 後双方使った事ある人がいたら教えて欲しいんだが、
SQLServerとオラクルでインデックスの見積もりって相当違う?
(Btreeの場合限定で教えて欲しい。
ルート、ブランチ、リーフあたりの見積もりとスプリット関連の発生有無&方式)

運用時にそのインデックスとテーブルデータとの絡みで
困ったこととかがあれば聞いてみたい。

80 : >78
MSDE使うような小規模システムならデフォで運用ってのもそう珍しくないような気が。
Accessで組むのとそう変わらないくらいの予算しか取れないような案件だったり
するんで、チューニング云々の工数なんか取れないよ。

  • 81 >> 80
    ちょっと意識のズレが大きいかも。。
    新規システム導入(ハードから完全に調達)、
    又は既存システムの焼き直し(これも基本はハードから完全に調達)、
    既存システムに組み込み(ソフトの選定&調達)。
    他のケースもあるけど大体この三つに分けれるよね。

    調達時点で大体の見積もりは行いきるのが普通。
    チューニングって単語はネットや講習では言われるけど、
    現実問題では大規模システムになればなるほどチューニングは不可能だから
    完全に見積もりきるぐらいの設計をしないとクリティカルになりかねないのよね。
    オラクルのVerUPの影の主役はシャットダウンしないで
    ダイナミックにパラメータ変更を行えることって結構知らない人多いぐらいだし。
    現実運用でダイナミックにパラメータを変更するにもその影響度を
    試験機で試して運用してみてから導入するぐらいの時間をかけるのが
    当たり前なぐらいの話なわけで。。。)

    で、小規模だからデフォで良いと言うのが俺にはどうしても理解できないんだよね。
    調達レベルでデフォでOKって客からネゴを取って見積もってるのか。
    小規模特有のなぁなぁ商売でデフォでOKとしてるわけ?
    (遅損賠償とか怖くてそんな商売できない。。)

    スレ違いな上に長文すまそ。

82 : >81
小規模システムでは、そんなに大量のデータを扱わないことが多々ある。
そんな場合、SQLServerのデフォルトのままでも全く問題ない。
だって十分速いのだから。
ボラクルみたいにチューニング必須ではないからね。Microsoftもそれをウリにしている部分もあるし。
そもそも企業は小規模システムごときにお金をかけたくない。

なんでそんなにチューニングしたいの?
あまりぼったくらないでね。



    ボラクルが使われているシステムの保守費用に泣かされている一般企業より

  • 83 >> 82
    >そんな場合、SQLServerのデフォルトのままでも全く問題ない。
    これを裏付ける見積もりをしているかどうかが問題なんだよね。

    小規模システムと大規模システムに見積もりに違いってあるの?
    オラクルチューニングは必須項目じゃないよ?
    (マスターの話じゃないよ。)

84 : データベースのチューニングって、具体的にどんな事をするんでしょう?
厨な質問ですんません。。。

  • 85 >> 84
    具体的になんて言いようが無いと思うよ。
    通常はAPのスループット関連の解消がメインだろうけど、

    カツカツにやってるところなら運用前から
    各種モニタツールを使ってモニタ結果の収集を行い
    メモリ、ディスクの容量の観点、スループットの観点で閾値判断を行い
    処置が必要かどうかを判断をする(第一チューニング
    処置必要な場合は適切に処置する(第二チューニング
    その他時間帯によるトランザクションピークによるAPの調査
    APの修正、ジョブの変更等等、その他処置(インデックスの追加←容量のチューニングにも絡む)
    によるAP単体の必要なリソース削減によるオーバーヘッド削減。
    バックアップリカバリだって当然絡む。
    時間を捻り出せなければいざチューニングすると言ってもできないわけで
    ディスク拡張してバックアップ時間が延びたなんて間抜けなことになってもいけないわけで
    総合的な運用を見据えて運用が快適にできるよう考える視野が必要。

    ノウハウが溜まれば溜まる程やれることは増えるね。
    はっきり言ってディスク辺りのチューニングになると
    今時は当然RAIDを知った上でのチューニングになるから
    VG構成の理解も必要だし、そこからPV、LVOLの構成まで把握した上で
    DB側から見た物理、論理で考えないといけないし。
    メモリに関しても各種プロセスが共用メモリなのかプロセス固有メモリで動いているかどうか
    把握する必要もある。そうなるとプラットフォームのUNIXをある程度の理解が必要になる。
    (知らないでチューニングは不可能)

    まだまだ沢山あるよ。

90 : 私がいた所の感覚なら、>88さんが言う基準は「中規模」以上なんじゃないかなぁ。
「規模」の感覚って、会社によっても大きく違うから難しいですね。

>開発もセットでお願いします
まさにそれです。
ちなみに、先に挙げたシステムでは管理者なんて付きませんw
毎日バックアップテープ交換するのは事務所のオネーサン、鯖ログは月1回の
定期訪問時にちゃちゃっとチェックするだけです。
これで5年ノントラブル(PGのバグは別として)だからすごい

  • 92 >> 90
    DBって俺的な主観なんだが、
    洋服と一緒でS,M,Lで大体の人は多少の着心地は違っても
    NGにはならないのと一緒で動くものだと思ってるのよ。

    でも本当のスループット(着心地)を追求すると、する必要がある
    厳密な仕事や格好の場合にチューニングって必要となると思う。
    又は既製品(洋服)では型にはめれない特殊な人(システム)で
    その技術が必要となると思う。

    それとシステムを稼動(人の身体的な成長)による拡張や癖(業務特性)
    を知った上での変更がチューニングだと思う。

    一応これで終了。

    オラクルとSQLサーバの両方を使った人のレポ希望募集します。

キーワード

SQLServ - Oracle - オラクル - チューニング - そもそも

すぐに読める掲示板

  1. パズドラ運営、セフィロスが弱すぎて炎上 [無断転載禁止]©2ch.net
  2. 【セフィロスのパクリ】セブンナイツpt368【メルキル参戦】
  3. 北海道番組実況part2680 今年もセフィロスが動いてない!(´;ω;`)ブワッ
  4. 北海道番組実況part2557 思い余ってセフィロスがー!の雪まつり('A`)m9©2ch.net
  5. 北海道番組実況part2803 雪像は初音ミクとセフィロスがーm9('A`)っ
  6. 最も衝撃的だった「ゲームの裏切り者キャラ」といえば? 1位FFVIIの「セフィロス」 [無断転載禁止]©2ch.net
  7. セフィロスを語りたい〜part24〜
  8. 三大FF7エアプ勘違い「ユフィは自動的に仲間になる」「セフィロスは最初から狂ってる」
  9. Twitter民「セフィロスのテーマで田代っつってる人達は2ちゃんねる時代からネットしてるヤバい人」 [無断転載禁止]©2ch.net [882494207]
  10. ソーマブリンガーのアインザッツは綺麗なセフィロスカコイイ