邪馬壹國は北部九州に在った(王都は伊都国)part16

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1541115802/
邪馬壹國は北部九州5県(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分)に跨って存在し、
卑弥呼は伊都國を都として邪馬壹國を統治していた。
邪馬壹國とは26か国の国邑で構成されており
その26か国の国邑とは對馬國、一大國、末廬國、伊都國、奴国、不彌國と旁國20か国(斯馬國、已百支國、
伊邪國、都支國、彌奴國、 好古都國、不呼國、姐奴國、對蘇國、蘇奴國、 呼邑國、華奴蘇奴國、
鬼國、爲吾國、鬼奴國、 邪馬國、躬臣國、巴利國、支惟國、烏奴國)

魏志倭人伝には伊都国に卑弥呼が居たとの記述が2か所あり、その一つが 「世有王皆統屬女王國」である。
「世有王皆統屬女王國」の「A統屬B」は「AはBに統屬する」の意味であり
Aについて「伊都国の代々の王は皆」と理解されていたが、
ここでは「世有王」としかなく「世世有王」ではない。
「世有王」の「世有」について『三国志』内で用例を調べると魏書に4例、呉書に1例有る。
「三世有」(魏書)、「當世有」(呉書)等の特殊な事例を除き『三国志』内では「世有」は魏の世を示している。
「世有」を代々と訳してよい場合でも親子二代程度で何代も続いたとの意味ではなく
「世有」は魏代内の世である。即ち「世有王」は「代々の王」の意味ではなく、
「世(魏の世)は王が居た」の意味なのである。
そして文はここで一旦切れて、次に続く「皆」は「世有王」ではなく別のものを指しているのであり、
それは倭の国々のことである。
「皆統屬女王國」の「皆」は倭国の国々を指していると考えられる。
「皆統屬女王國」とは「倭の国々は皆、女王国に統屬していた」の意味なのである。
すると前文の「世(魏の世)に王が居た」の王とは女王国の王である卑弥呼や壹與のことを指していると判明する。
また「世有王」とは「魏の時代に王(卑弥呼、壹與)が伊都国に居た」こと指すと結論される。

世有王

?@ 三国志魏書后妃傳第五
>自夫人以下、世有?搗ケ。
夫人以下の妃の扱いについては、「それぞれの帝によって」増減があった。(以下、各帝ごとの変化について記載) 魏の世には増減があったの意味

?A 三国志魏書任蘇杜鄭倉傳第十六
>語曰「世有亂人而無亂法」
「世の中に、世を乱す人はいても、世を乱す法律はない」と言います。

?B 三国志魏書徐胡二王傳第二十七
>今汝先人、世有冠冕、
現在、貴方たちの先祖は、「代々」冠をつける役職についている、つまりこれも魏の世には冠をつける役職についているの意味

?C 三国志魏書烏丸鮮卑東夷傳第三十
>而公孫淵、仍父祖三世有遼東。
父祖三代に渡って遼東を領有した。(189〜238)

?D 三国志蜀書黃李呂馬王張傳第十三
>當世有聲名
当時は名声が高かった。

?C は三世(三代)の意味、?Dは当世(当時)の意味で、世有の用例ではない。
?@ は代々の意だが、魏代ではある。?Bも代々の意だが、魏代ではある。?Aは一般的な言葉を引用しているのでこの世の中の意、用例としては不適切

以上からは、世有王は、特別な使用でない限り魏の世の王が、と訳すのが妥当である。

2か所目は「自女王國以北 特置一大率 檢察諸國畏憚之 常治伊都國 於國中有如刺史」の文である。
「自女王國以北 特置一大率」・・・一大率が置かれたのは伊都国ではなく女王国の北の諸国
「於國中有如刺史」・・・刺史は各地の行政機関内に常駐してる監察官
「常治伊都国」・・・女王国の北の各諸国の置かれた一大率を治め(統率)ていた 。
つまり
「自女王國以北 特置一大率 檢察諸國畏憚之 常治伊都國 於國中有如刺史」では、「女王国の北の各諸国には、特別に一大率を配置して検察させており、畏れ憚られている。
常に一大率は伊都国で統率されている。
これは魏で皇帝が刺史を州に派遣し検察させて洛陽で統率しているのと同じようだ。」の意味となる。

全て伊都国についての説明だから「皆統屬女王國」も伊都国についての説明
伊都国を首都とする女王國は倭の国々を統屬していた。
皆とは倭の国々を指しているのであって、皆が絶対に伊都国を指さなければならない理由はない。
だいたい皆と呼べるほど多くの王が魏代に伊都国にいたとは考えられないし、伊都国に付いては特に詳しく説明されているにも関わらずそれらし記述も一人の王名ない。

伊都国は郡使が滞在するところで、伊都国に付いては特に詳しく記されている
「官曰爾支 副曰泄謨觚 柄渠觚」と官、副官の名前は記されているのに、伊都国の王の名前は一人も記されていない
また倭人伝は張政が持ち帰った情報を最新として張政が帰国した時点で書かれていて
既に倭王が魏より任命されているのに、伊都国の首長を王と呼ぶこと事態がおかしい
伊都国の王は伊都国には居なかった、伊都国に居た王は伊都国の王ではなく、倭王の卑弥呼や壹與としか考えられない。

水行十日陸行一月が水行十日陸行一日の誤りであり、魏志倭人伝は全て矛盾なく解読することができます。

これは基本正しいと思う。

卑弥呼の宮廷=伊都国内
卑弥呼の墓所=とこか彼方(たぶん南?)

また、魏略では伊都国の人口は「戸万余」となっていてこちらが正しいと思える。
「東南五百里 到伊都国 戸万余 置曰爾支 副曰洩渓觚 柄渠觚
其国王皆属女王也」

ただ自分の中では
伊都国が吉野ヶ里近辺の方が受け入れやすいが、、、

魏志倭人伝には環濠については書かれていないからね。
宮殿の「城柵」を勝手に環濠に読み替えてるだけ。

船着き場があるから必ず目にしたであろう壱岐原の辻の三重環濠ですら記載されてないから、
戦争中の邪馬台国を訪れるのだから環濠など当たり前と思われたのか、
大陸や半島の大戦争を知る魏使の目には環濠など特に記すべき防御設備と映らなかったのか。

吉野ヶ里の空堀ならギリギリ城柵かもしれんが、
水堀はアウトだろうね。

日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土するイネは、
中粒種と短粒種が約半々の割合で混交したもの。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古のイネの現物は短粒種のみ。

そして、日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土する耕作用農具は、
石耜という石刃のスキと、石鋤という日本には存在しない石刃の除草用農具と、
石犂という石刃の牛耕用の農具、この3つだけ。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古の耕作用農具は、
木製のエブリという地をならす農具と、木製のクワだけ。

石刃が伝わっていない上に、同期する中国と同じ耕作用農具が一つも
伝わっていないのだ。

それどころか、同期する中国には存在しない耕作用農具が日本最古の
耕作用農具として日本の最古水田には伝わってしまっている。

オール木製で。

しかも、鬲や鼎といった、三足や耳の付いた同期する中国系炊飯器も
日本の最古水田には一切伝わっていない。

日本稲作が中国から伝わったというような話は、太陽が西から昇って東に沈むと
言っているのと同じレヴェルの話である。

ちなみに、スキという耕作用農具が伝わったのは、最古水田から200年以上も
経ってからの事で、やはり木製であった。

石犂は5C頃に鉄刃のものが朝鮮経由で伝わるが、石鋤に至っては、木製でさえ
永遠に日本に伝わる事はなかったのである。

筑前・高祖城 (別名:高祖山城,原田城)

>形態・朝鮮式山城(416m/380m)
>建長元年(1249年)に原田種継によって築かれた。 高祖山城は元・怡土城の一部を利用して築かれている。
>原田氏の祖は、古処山城秋月氏と同じく藤原純友の乱で名を馳せた大蔵春実であり、大蔵氏は漢の高祖の子孫で阿知使主の末裔と伝わる。
>原田氏ははじめ大内氏、陶晴賢謀反後は毛利氏、ついで島津氏と結び反大友勢力としてこの地に根付いていた。
>しかし、豊臣秀吉の九州征伐によって落城し、廃城となった。

この古代山城の怡土城廃城を利用し、
中世に高祖城を築いた城主の原田氏というのは、今でも糸島地方の旧家・名士らしい。
思うに、昭和の中頃、箸墓卑弥呼/糸島伊都国説を引っ提げて、華々しく出版デビューし、
今の畿内大和説の先陣を切った原田大六も、この一族だったのだろうな。

漢の高祖 (中国の漢王朝の初代皇帝。劉邦の廟号)

>項羽を滅ぼして天下を統一した漢王劉邦は、前202年、漢王朝の皇帝の位についた。
>同時に夫人を皇后、長子を皇太子とした。皇后、皇太子の語はこれが最初である。>高祖は漢帝国の初代皇帝であるが、その死後はしばらく不安定な状況が続く。
>高祖の皇后で2代恵帝の母の呂后が実権を握り、その一族が進出したからである。>しかし呂后の死後、劉王室と功臣周勃、陳平らが呂氏一族を倒し、第5代の文帝が即位してようやく安定した(前180年の呂氏の乱)。

高祖山山頂から南側には怡土城の遺構が見つかっていないというが、南側の日向峠を封鎖しなくては伊都の防衛にならない。
当然、南側にも望楼や柵は有ったろう。
怡土城は、高祖山の西側半分が城域となる中国式山城だったと考えられる。
その起源は8世紀までしか遡れないが、これは九州の古跡の常であり、7世紀以前の史料が失われているのであろう。
伊都が要所であったのは1世紀から5世紀くらいまでの期間であり、8世紀になってから築城するというのは筋が通らない。
怡土城の中にある高祖宮の祭神は日向三代の倭王であるヒコホホデミであり、高祖宮と怡土城全体が王城だったのだろう。
記紀に曰く筑紫の日向の高千穂宮とあり、クシフル山(椚集落の上にある高祖山南部)にあったとされている。
これが倭国の王城であり、卑弥呼の宮でもあるのだろう。

卑弥呼が死んで500年経った話に意味あるのか

学術発表ならともかくネットでの話題提供なんだからいいじゃない。

良くも悪くも弥生の主要拠点はそのまんま神社になってるからね。
遺構があるとしても発掘されることはなかなか無い。
逆に言えば保存が効いているともいえるが。
ただ一つ言えることは、銅鏡はもちろんだが、銅矛銅戈も神社から見つかる。
銅矛が出土したり伝世したりしていて矛祭りまで残っているのだから
どこの勢力が起源かは見れば明らかだろう。
銅鐸は見つからない。

日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土するイネは、
中粒種と短粒種が約半々の割合で混交したもの。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古のイネの現物は短粒種のみ。

そして、日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土する耕作用農具は、
石耜という石刃のスキと、石鋤という日本には存在しない石刃の除草用農具と、
石犂という石刃の牛耕用の農具、この3つだけ。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古の耕作用農具は、
木製のエブリという地をならす農具と、木製のクワだけ。

石刃が伝わっていない上に、同期する中国と同じ耕作用農具が一つも
伝わっていないのだ。

それどころか、同期する中国には存在しない耕作用農具が日本最古の
耕作用農具として日本の最古水田には伝わってしまっている。

オール木製で。

しかも、鬲や鼎といった、三足や耳の付いた同期する中国系炊飯器も
日本の最古水田には一切伝わっていない。

日本稲作が中国から伝わったというような話は、太陽が西から昇って東に沈むと
言っているのと同じレヴェルの話である。

ちなみに、スキという耕作用農具が伝わったのは、最古水田から200年以上も
経ってからの事で、やはり木製であった。

石犂は5C頃に鉄刃のものが朝鮮経由で伝わるが、石鋤に至っては、木製でさえ
永遠に日本に伝わる事はなかったのである。

糸島平原・高祖城主の原田一族は、中国人の血筋だったのか、
(うーむ)

高祖の子孫がはるばる辺境の日本に来なくちゃいけない事件とか起きてないし

黄巾の乱は184年だから遅すぎでしょ。
その頃にはとっくに卑弥呼様がいらっしゃいますよ。

そういうことだな、
だから、伊都国もとっくにできていたことになる

天神族か天孫族かが伊都国の高千穂宮を出た数世紀後に入った原田氏がたまたま高祖の子孫だから高祖宮になったって話でしょ?

日本が1600年前の古墳期にようやく竪穴式住居から抜け出したのに対し、
中国では8000年前にはすでに高床式住居が登場し、早くも竪穴式住居から抜け出していた。

その時代差、約6500年。

その後、中国では6000年前に木骨泥墻が登場し、早くも土壁の住居の時代に入り、
4000年前にはすでに戸建ての時代である。

商周より前の3500年前の王朝では宮殿建築なるものが花開き、2800年前には
瓦が登場し、早くも瓦屋根の戸建ての時代に入るのである。

縄文弥生を通して、日本にはこれら中国の住居が一切伝わっていない。

中国から渡来人があったなんてあり得ないのである。

高祖は漢王
高祖宮は漢系渡来人の末裔の宮で中華の血筋だな(だから、あえて皇祖を祀った)

日本の皇祖ヒコホホデミを祭っているけど?

ヒコホホデミ(天津彦彦)
>天孫・火瓊瓊杵尊の第2子。
>神武天皇(初代天皇)の祖父である。山幸彦として知られ、兄に海幸彦がいる。
>名は彦火火出見尊(ひこほほでみ)、あるいは火折尊(ほおり)。

天孫・瓊瓊杵尊の第2子だから、皇祖の一人ではあるが、次男ではねえ・・・、

高祖神社
「日本三代実録」に見える「高礒比?盗_(高磯比?盗_)」に比定されている。

>この神を巡って、これまでに諸説が挙げられている。
>一説には、新羅渡来のアメノヒボコ(天日槍/天之日矛/天日桙)伝説と関連づけられ、特に高礒比?盗_はその妻神に比定される。
>その根拠として、長野宇美八幡宮(糸島市川付)の社伝に関連伝承が見えるほか、
>「筑前国風土記」逸文では、怡土県主祖の五十迹手は日桙の末裔と見える点、
>「筑陽記」では、高祖を怡土県主の本貫地とする所伝が見える点、
>「日本書紀」の渡来系伝承では、「伊都都比古」という人物名が見える点が、関連づけられる。

ちなみに海幸彦は隼人の祖となった。

日本が1600年前の古墳期にようやく竪穴式住居から抜け出したのに対し、
中国では8000年前にはすでに高床式住居が登場し、早くも竪穴式住居から抜け出していた。

その時代差、約6500年。

その後、中国では6000年前に木骨泥墻が登場し、早くも土壁の住居の時代に入り、
4000年前にはすでに戸建ての時代である。

商周より前の3500年前の王朝では宮殿建築なるものが花開き、2800年前には
瓦が登場し、早くも瓦屋根の戸建ての時代に入るのである。

縄文弥生を通して、日本にはこれら中国の住居が一切伝わっていない。

中国から渡来人があったなんてあり得ないのである。

山幸彦や海幸彦、神武も500年後の記紀の中の話だからな
邪馬台国や投馬国とは関係ないでしょうね。

神武の実年代が卑弥呼と近いなら、海幸山幸の時代もせいぜい1世紀から2世紀の初めくらいで、伊都の日向王家の男王70〜80年の間になる。
まさか神武が2600年も前に大和で即位したなんて思っていないよね?

高祖山南部のピークがクシフル山と呼ばれていて、筑紫の日向のクシフル山、そこにある伊都の王宮こそ、高千穂宮だよね。
女王の都である伊都と奴国に睨みを効かせる倭の王城は山頂と山麓を囲むように構成され、魏志倭人伝にあるようにまさに楼閣高い王城だったわけだ。

じゃあかわりの高千穂宮と卑弥呼の王城の場所を示してよ。

トドメが伊都にある女王墓から出土した八咫の鏡だね。
記紀では天照が造らせたことになっているが、天照のモデルは卑弥呼だもんな。

もっとも、天孫族がいたならその名前の元となった天照もいたはずなんだけどな。
天孫族が海の向こうの高天原から来たというなら、高天原がどこか探すのは困難だ。

日本では誰も欲しがらなかった錆色塗装鏡

平原遺跡の女王は、当時輸入された贅沢品のほぼ全てを独占するような立場だったろうね。
膨大な数の玉、鏡がそれを物語っている。
そしてその年代はおそらく倭国大乱より後だ。

卑弥呼の墓って、もう見つかっているのではないかな?

日本が1600年前の古墳期にようやく竪穴式住居から抜け出したのに対し、
中国では8000年前にはすでに高床式住居が登場し、早くも竪穴式住居から抜け出していた。

その時代差、約6500年。

その後、中国では6000年前に木骨泥墻が登場し、早くも土壁の住居の時代に入り、
4000年前にはすでに戸建ての時代である。

商周より前の3500年前の王朝では宮殿建築なるものが花開き、2800年前には
瓦が登場し、早くも瓦屋根の戸建ての時代に入るのである。

縄文弥生を通して、日本にはこれら中国の住居が一切伝わっていない。

中国から渡来人があったなんてあり得ないのである。

中国は先進国だったから分業が進んでたわけでしょ。
職人も含んだ多職種の集団で渡来してきたらまだしも、
武人だけとか、貴族だけとか、とかが亡命してきたら、
そのまま日本の竪穴住居にでも住んで、住めば都で馴染んだのでは?
わざわざ自分で瓦や土壁を作る技術も無く。

それに漢字の金石文や木簡、渡来時に伝わった中国系言語の単語は?

まさかと思うが、渡来人のだれもが徐福のように平時に準備万端でやってくるわけではあるまい。
中国では何度も動乱があって国家が消滅しているのだから、
大慌てで貴人一家のみで脱出してくるケースなどいくらでもあった。
職人一式などむしろ連れてこれないだろ。


中国では分業が進んでいるのだから、
中国のものが一切合切入ってくるわけではない。
あれがないこれがないから、渡来人はいなかった、ではなく、
あれがあるこれがあるから、渡来人はいた、と考える方が正しい。

>それに漢服と木沓を捨てて、布を体に巻き付けて結ぶだけの半裸で裸足の生活ができると思う?

温暖な倭地なら現地の服でじゅうぶん
漢服が伝わって一時期流行ったとしても残らない。日本側に同化したのかもしれん。

>それに中国系の武器や武具がどこにあるの?

木沓なども職人がいないと作れない。
武器も職人が必要。
平原での戦いが多い大陸の武器が、泥地や海での戦いが多い日本で有効だったとは限らない。
養蚕や機織の技法、金属器の加工技法など、技術革新が痕跡であるかもしれん。

>それに漢字の金石文や木簡、渡来時に伝わった中国系言語の単語は?

大量の仿製鏡が出土している。
硯と漢字。

>で、在地産の在地で書かれたオリジナルの漢文の鏡は?
>詭弁の塊だろおまえ!

え、、、と、、、
大量の仿製鏡の漢文はどうするのさ?

例えば平原女王墓から出土する大量の方格規矩鏡。
日本で出土する方格規矩鏡はいきなり完成度が高いから、
これが仿製鏡とするなら、渡来人が関与したとしか考えられない。
これが舶載鏡とするなら、魏から貰った百枚は方格規矩鏡となる。

どっちがいい?

青龍三年銘鏡があるからのう

董卓によって壊滅消滅した洛陽(190)
その洛陽に魏が首都を戻したのが220年で、そこから復興が始まる
各地に散った鏡師の弟子が洛陽にぽつぽつと戻り、
漢代方格規矩鏡を手本に作った方格規矩鏡は
鏡面お手本の手法といい、つたない字体といい、まさに平原の方格規矩鏡そのもの

青龍三年235の方格規矩鏡まで来日しているとあっては、
卑弥呼が貰った銅鏡百枚

鏡は渡来人が作るんだから故郷の漢文を鋳込めたんだなあ
残ってる

倭人知識層は木簡竹簡に倭歌を詠んだけど
残念!
残ってないや

硯(筆記用具)や鉄刀子(消しゴム)は残ってるけどね

>呉のミラーマンが来たのは魏への朝貢以降なんだろ?
方格規矩鏡は呉領域の鏡だから後漢末期の動乱で亡命してきたんだろうね

畿内からあまりに何も出ない

→あれもこれもある九州に、無いものを要求してやれ

>卑弥呼の即位の祝賀鏡があるはずだわな。
>それに呉の漢服や木沓や土壁の住居や呉の炊飯竈なんかも伝わるはずだろ。


物質が貧しいからといって
心までもが貧しくなるのは
哀しいね。。。

◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

◆中国の釜



中国では新石器時代には持ち運び可能なコンロに釜を載せた形態の釜竈がみられた[1]。
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた[1]。
釜が再び使用されるようになるのは春秋時代晩期になってからである[1]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/

商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた


. 

◆中国の釜



中国では新石器時代には持ち運び可能なコンロに釜を載せた形態の釜竈がみられた[1]。
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた[1]。
釜が再び使用されるようになるのは春秋時代晩期になってからである[1]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/

商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた


. 

対馬海峡の海上で宿泊したとは考えにくく、3日で島伝いに渡ったはず。
つまり1日分の船の行程が千里。
帯方郡から九州北岸まで一万里だが、おそらく水行10日から割り出したもの。
そして水行20日は帯方郡から投馬国(宮崎県)まで。

投馬国が半島南部だなどと、根拠のない妄想。

倭国乱から考えれば百年ほど戦い続けているのだから邪馬壹國の領土も刻々と変わるでしょ。最後に勝ったのだとしたら最大領域はほぼ倭国と同じでかまわん。女王共立に最初から参加したコアな親藩譜代の部分となると別だが。

渡海1000里で島が10里とかなら無視してもいいが、
島が300とか400とかあるんだから無視できないだろ。

島を巡るというのは現実的ではない。
渡海も港から港へ移動するわけだからね。

0 - 1(次) - 2 - 3 - 4

引用 : http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/history/1544967924/

キーワード : そして - だから - ちなみに