復活 きゅうちゃんとナマポの戯れスレ1 1ページ目

54 : まぁケチついたから立てて貰ったスレは後で責任持って埋めるわ

  • 57 >> 54
    それはだめ
    放置だよ
  • 60 >> 57
    いやもうね、たかひろにはあきれたわ
  • 61 >> 60
    初めから分かってる話
    お前がアホなの
  • 62 >> 61
    たかひろは俺に謝罪入れたこともあったからな
    今回ので更に自分の株落としたんだから、仕方ないわな
  • 64 >> 62
    人を見るときはその人の過去現在を見ればいいんだよ
    10年居た訳だから、何故に全コテに嫌われてたか、何故に何回も名無し化したかを考えれば答えは分かる筈
  • 65 >> 64
    まぁ理由はあるのは分かってたが、人間やり直せるじゃん
    新しい出会いで嫌われないように変わるように努力するとかさ
    酒が深まると感情がコントロール出来なくて、幼稚な本性が出ちゃうみたいだな
  • 66 >> 65
    ちは、三度寝から復活しやした。
  • 69 >> 66
    キラおはよー!
    ちょい風呂落ちするね
  • 71 >> 69
    ほーい、いってら(*´ω`*)
  • 59 >> 54
    全部、埋めとけよ!

    ついでに自分も鬼怒川にでも埋めとけカス!

    (=^・^=)

226 : 蓋はこうやってプラのやつで栓をする
これで保存できる

参考画像(jpg)

  • 230 >> 226
    高級ジュースは違うね!
  • 256 >> 230
    開けるのにも硬級で苦労したよ
    リンクさんQ

    >>231
    ここには知識人がたくさんいるから誰が答えてくれるはず

    >>232
    人間で良かったと思えた瞬間だったわ

    >>233
    ホコちゃん乙
    俺は粉ジュースはそのまま粉のまま吸ってたよ
  • 270 >> 256
    今だと粉のままま吸ったらタバコで咽頭やられてるから噎せて吐き出しそう( ´△`)
  • 279 >> 270
    交番の前で鼻から吸ってみようかな粉ジュース
  • 281 >> 279
    見た目からして即職質コース
  • 286 >> 281
    >>282
    君たち同時に同じ内容のレスしてなんなんだね
    特定コテいじめは良くないぞ
  • 289 >> 286
    K仲間ですし()
    ってもうK使えないなざまぁ!ですよ
  • 295 >> 289
    某にKは金メッキのKだろと突っ込んだらそのバカは消えたしな

    >>291
    キラ、団長というやつは歴史好きだから今度話すと良いぞ
  • 299 >> 295
    へぇ、歴史好きなんですか!
    でも、オイラ日本史はニワカなんですよ
    三國志が好きなんです。
  • 300 >> 299
    矛先先生と語るといいよ!
  • 301 >> 299
    その金メッキこと団長は、まさに三國志も好きだから話合うかもしれんぞ
    団長本人の人生は残酷死だけどな
  • 291 >> 286
    いやいや、イジメテ無いですよ〜
    ( ^∀^)ワラ
  • 282 >> 279
    ワラ 職質対象確定ですね( ^∀^)
  • 285 >> 279
    片方の鼻の穴塞ぐように抑えてねw
  • 290 >> 285
    何かあったら保護者として俺を引き取りに来てくれ
  • 231 >> 226
    なんでギフト系は、今でも王冠が多いんですかね?回すタイプにすれば楽なのに
    疑問です( ̄ー ̄)

377 : たかひろが一番おかしいわ
話作っちゃうし

  • 379 >> 377
    そうだね、なんでオレに突っかかって来るのか分からない
  • 381 >> 379
    てか屋形は叩かれてもしょうがないと思うわ
    敵を作り過ぎやしw
  • 383 >> 379
    屋形の話し方があうあうだとか、軍師が話さずに逃げたとかの話からして嘘っぱちだし、脳が萎縮して都合のいい記憶に塗りかわってんだろうね
  • 384 >> 383
    そうなんだろうね、非常に迷惑してるよ
  • 387 >> 384
    寝る前に屋形見つけて安心したわw
    寝てみる、おやすみ!
    >>385
    おやすみ!
  • 388 >> 387
    おやすみ〜
  • 391 >> 383
    普通じゃ勝てないから、精一杯のやれることやった結果なんだよ、あの50歳WWW

    反面教師として、こんな50歳にならないように自分を律して生きようじゃありませんか?WWW

    >>390
    ポコ先もネットがあって良かったな
    これが大正時代のナマポだったらと思うと何して暇つぶしてたかと、、、涙がちょちょぎれまっ!w

    そしたら二度寝しますね(´∀`=)
  • 397 >> 391
    生活保護法が施行されたのが戦後間もなくだと思うから、大正時代には生活保護という制度がなかったのかと言うと、どうやらそうでもなかったらしく「お助けさん?」とやらのそれらしい制度があったらしい(´Д`)
  • 417 >> 383
    >>屋形の話し方があうあうだとか

    これ残念ながら本当の話w
    タカヒロを敵に回すと恐ろしいことになるよ
  • 436 >> 417
    ゴルァー!豚ーーー!
    乞食猿のスレッドから抜け出してくんじゃねえ!
    汚物豚は乞食猿と仲良く豚箱で戯れとけ!
  • 438 >> 417
    乞食猿を、怒らすと怖い目に合う?wwwwww
    コピペしかできない乞食猿だろが!ふざけるなこの汚物豚!

396 : 相模原障害者施設19人殺害事件の容疑者を100%否定しきれないと、同様の職員が苦しい胸の内を吐露していた。
人間の心に闇の部分がある事を、そして障害者と接するということはそういうことだと言うことを俺も少しだけ知っている。

419 : きらマジでイライラするわ調子に乗ってきたな

  • 422 >> 419
    調子に乗ってきたというより化けの皮が剥がれたって感じだわWWW
    思ってたとおりのタイプでワロタWWW

567 : つい昨日あたりまではきゅうりは24時間監視というレスばかり
そして今日は乞食猿は24時間監視というレスばかり

おまえらの心変わりの早さには感服するわ

593 : 「ワタナベの、ジュースの素(もと)です、もう一杯。憎いくらいにうまいんだ〜、不思議な(素敵な、だったかな…)くらいにうまいんだッ」というエノケンのダミ声CMソングが今も耳にはっきりと残っています。
この歌の後に、確か「10杯飲んでも50円、一袋たったの5円」とか何とかいうキャッチコピーが続いていたような気がします。
 子供の頃、私の家の町内には、家の1軒置いて隣にお菓子屋さん、10数軒置いた反対側の隣に駄菓子屋兼文房具屋さんのようなお店があり、さらに、橋を渡った隣の町が商店街になっていて、いわゆる
食料品店」も5、6軒ありまして、お菓子屋さんでは、主に秤で計って100gいくらという形で買う計り売りのあられやせんべいや飴などを買い、駄菓子屋さんは、
もっぱらスカばかりの甘納豆のクジなんかを引く場所になっていましたので、当時は、どちらかというと、正統の食料品にラインナップされていたワタナベのジュースの素というのは、
ちゃんと食料品店で購入していた記憶があります。食料品店では、店先のガラスケースの中に、切り身の魚やメザシ、魚肉ソーセージや魚肉ハム、乾物類などが並べられ、
壁際の棚に、ヤマサ醤油やブルドッグソース、桃屋の江戸むらさき、鯨の大和煮の缶詰やみかんの缶詰なんかと一緒に、ワタナベのジュースの素が置かれていたものでありました。
 私の記憶には、この写真のような30袋も箱に入っていたワタナベのジュースの素というのは残ってなく、今に思えば、いわゆる
徳用という奴だったのであろう20〜30杯分くらいは粉末が入っていたと思われる大きな袋と、バラ売りの一袋5円の小さな袋しか覚えていません。で、大きな袋の奴は、家の台所に置いてあって、
粉末をスプーンですくい、コップに水道の水を注いで、スプーンでかき混ぜ、ジュースとして飲むというものでありました。
で、春先とか、晩秋とかは、長岡の水道の水は、結構、冷たくて、解けきれなかった粉末がコップの底に残り、少ない水をコップの中で上手に渦巻きにして、粉末が水中に浮いたまま飲み込むというような飲み方をしていました。
冬場にお湯で飲んだこともありますが、特に、ストローで飲むと、やたらにすっぱかったことを覚えています。
 
このワタナベのジュースの素には、ちゃんと、オレンジ、グレープ、パイン(だったかな…)の3種類くらいの味があったと思いますが、
やはり、最も消費されていたのは、オレンジだったような記憶があります。
特に、小さい袋のワタナベのジュースの素の場合、
水に溶かして飲むよりも、直接、袋に人差し指を突っ込んで舐めるというのが主流の飲み方(食べ方か)で、唾液で溶かしながら味わうには、オレンジが一番おいしかったように思います。
 
こうした粉末ジュースの類としては、他に、井村屋のソーダラップ、春日井シトロンという、炭酸系の粉末ジュースもあり、この系統では、井村屋のソーダラップのメロン味が最も飲まれていたようにも記憶しています。

さらに、ワタナベには、お汁粉の素というのもあって、こちらも、かの林家三平師匠が「おもちも入ってペタペタと、安くて、どうもスイマセン」というCMで強烈に印象に残っていますが、
おもちといってもほとんどあられのような奴で、あんこもあまりおいしくなく、子供心にも、「おもちも入ってカリカリと、まずくて、どうもスイマセン」というべきではないだろうかと思ったのを覚えています。
 ということで、ワタナベのジュースの素は、指先と舌をオレンジ色に染めた記憶と共に鮮明に覚えているわけですが、こうした粉末ジュースの類も、僕が小学校を卒業して
中学校に入る前後辺りから次第に姿を消し、中学校のいつ頃からだったか、はっきり記憶にありませんが、いつのまにか、冷蔵庫を開けると、ファンタやコカコーラが入っているという時代になりました。
 それは、我が家の家計だけでなく、世の中全体が、少し余裕が出てきた証でもあったでしょうし、冒頭でも触れた、世の中の「チクロ騒ぎ」で粉末ジュースが真っ先に槍玉にあげられた結末でもあったようです。 
 ちなみに、エノケンと三平師匠のCMで私たちの記憶に刻み込まれた渡辺製菓について、「ぼくらのヒット・パレードVol.1/195859」(リクルート)には、こう記されています。
 「(コーラなどの浸透に)追い討ちをかけたのが『ジュースの素』に多量に使われていた人工甘味料、
合成着色料などに対する消費者の拒否反応の高まり。こうした逆風の中で経営難に陥った渡辺製菓は、昭和46年ついに経営を断念。現在のカネボウフーズに吸収合併され、その歴史を閉じた」
 つまり、渡辺製菓は、文字通り、60年代の終焉と共に、その歴史に幕を閉じてしまったという残念な結末を迎えたわけです。

594 : 「ワタナベの、ジュースの素(もと)です、もう一杯。憎いくらいにうまいんだ〜、不思議な(素敵な、だったかな…)くらいにうまいんだッ」というエノケンのダミ声CMソングが今も耳にはっきりと残っています。
この歌の後に、確か「10杯飲んでも50円、一袋たったの5円」とか何とかいうキャッチコピーが続いていたような気がします。
 子供の頃、私の家の町内には、家の1軒置いて隣にお菓子屋さん、10数軒置いた反対側の隣に駄菓子屋兼文房具屋さんのようなお店があり、さらに、橋を渡った隣の町が商店街になっていて、いわゆる
食料品店」も5、6軒ありまして、お菓子屋さんでは、主に秤で計って100gいくらという形で買う計り売りのあられやせんべいや飴などを買い、駄菓子屋さんは、
もっぱらスカばかりの甘納豆のクジなんかを引く場所になっていましたので、当時は、どちらかというと、正統の食料品にラインナップされていたワタナベのジュースの素というのは、
ちゃんと食料品店で購入していた記憶があります。食料品店では、店先のガラスケースの中に、切り身の魚やメザシ、魚肉ソーセージや魚肉ハム、乾物類などが並べられ、
壁際の棚に、ヤマサ醤油やブルドッグソース、桃屋の江戸むらさき、鯨の大和煮の缶詰やみかんの缶詰なんかと一緒に、ワタナベのジュースの素が置かれていたものでありました。
 私の記憶には、この写真のような30袋も箱に入っていたワタナベのジュースの素というのは残ってなく、今に思えば、いわゆる
徳用という奴だったのであろう20〜30杯分くらいは粉末が入っていたと思われる大きな袋と、バラ売りの一袋5円の小さな袋しか覚えていません。で、大きな袋の奴は、家の台所に置いてあって、
粉末をスプーンですくい、コップに水道の水を注いで、スプーンでかき混ぜ、ジュースとして飲むというものでありました。
で、春先とか、晩秋とかは、長岡の水道の水は、結構、冷たくて、解けきれなかった粉末がコップの底に残り、少ない水をコップの中で上手に渦巻きにして、粉末が水中に浮いたまま飲み込むというような飲み方をしていました。
冬場にお湯で飲んだこともありますが、特に、ストローで飲むと、やたらにすっぱかったことを覚えています。
 
このワタナベのジュースの素には、ちゃんと、オレンジ、グレープ、パイン(だったかな…)の3種類くらいの味があったと思いますが、
やはり、最も消費されていたのは、オレンジだったような記憶があります。
特に、小さい袋のワタナベのジュースの素の場合、
水に溶かして飲むよりも、直接、袋に人差し指を突っ込んで舐めるというのが主流の飲み方(食べ方か)で、唾液で溶かしながら味わうには、オレンジが一番おいしかったように思います。
 
こうした粉末ジュースの類としては、他に、井村屋のソーダラップ、春日井シトロンという、炭酸系の粉末ジュースもあり、この系統では、井村屋のソーダラップのメロン味が最も飲まれていたようにも記憶しています。

さらに、ワタナベには、お汁粉の素というのもあって、こちらも、かの林家三平師匠が「おもちも入ってペタペタと、安くて、どうもスイマセン」というCMで強烈に印象に残っていますが、
おもちといってもほとんどあられのような奴で、あんこもあまりおいしくなく、子供心にも、「おもちも入ってカリカリと、まずくて、どうもスイマセン」というべきではないだろうかと思ったのを覚えています。
 ということで、ワタナベのジュースの素は、指先と舌をオレンジ色に染めた記憶と共に鮮明に覚えているわけですが、こうした粉末ジュースの類も、僕が小学校を卒業して
中学校に入る前後辺りから次第に姿を消し、中学校のいつ頃からだったか、はっきり記憶にありませんが、いつのまにか、冷蔵庫を開けると、ファンタやコカコーラが入っているという時代になりました。
 それは、我が家の家計だけでなく、世の中全体が、少し余裕が出てきた証でもあったでしょうし、冒頭でも触れた、世の中の「チクロ騒ぎ」で粉末ジュースが真っ先に槍玉にあげられた結末でもあったようです。 
 ちなみに、エノケンと三平師匠のCMで私たちの記憶に刻み込まれた渡辺製菓について、「ぼくらのヒット・パレードVol.1/195859」(リクルート)には、こう記されています。
 「(コーラなどの浸透に)追い討ちをかけたのが『ジュースの素』に多量に使われていた人工甘味料、
合成着色料などに対する消費者の拒否反応の高まり。こうした逆風の中で経営難に陥った渡辺製菓は、昭和46年ついに経営を断念。現在のカネボウフーズに吸収合併され、その歴史を閉じた」
 つまり、渡辺製菓は、文字通り、60年代の終焉と共に、その歴史に幕を閉じてしまったという残念な結末を迎えたわけです。

595 : 「ワタナベの、ジュースの素(もと)です、もう一杯。憎いくらいにうまいんだ〜、不思議な(素敵な、だったかな…)くらいにうまいんだッ」というエノケンのダミ声CMソングが今も耳にはっきりと残っています。
この歌の後に、確か「10杯飲んでも50円、一袋たったの5円」とか何とかいうキャッチコピーが続いていたような気がします。
 子供の頃、私の家の町内には、家の1軒置いて隣にお菓子屋さん、10数軒置いた反対側の隣に駄菓子屋兼文房具屋さんのようなお店があり、さらに、橋を渡った隣の町が商店街になっていて、いわゆる
食料品店」も5、6軒ありまして、お菓子屋さんでは、主に秤で計って100gいくらという形で買う計り売りのあられやせんべいや飴などを買い、駄菓子屋さんは、
もっぱらスカばかりの甘納豆のクジなんかを引く場所になっていましたので、当時は、どちらかというと、正統の食料品にラインナップされていたワタナベのジュースの素というのは、
ちゃんと食料品店で購入していた記憶があります。食料品店では、店先のガラスケースの中に、切り身の魚やメザシ、魚肉ソーセージや魚肉ハム、乾物類などが並べられ、
壁際の棚に、ヤマサ醤油やブルドッグソース、桃屋の江戸むらさき、鯨の大和煮の缶詰やみかんの缶詰なんかと一緒に、ワタナベのジュースの素が置かれていたものでありました。
 私の記憶には、この写真のような30袋も箱に入っていたワタナベのジュースの素というのは残ってなく、今に思えば、いわゆる
徳用という奴だったのであろう20〜30杯分くらいは粉末が入っていたと思われる大きな袋と、バラ売りの一袋5円の小さな袋しか覚えていません。で、大きな袋の奴は、家の台所に置いてあって、
粉末をスプーンですくい、コップに水道の水を注いで、スプーンでかき混ぜ、ジュースとして飲むというものでありました。
で、春先とか、晩秋とかは、長岡の水道の水は、結構、冷たくて、解けきれなかった粉末がコップの底に残り、少ない水をコップの中で上手に渦巻きにして、粉末が水中に浮いたまま飲み込むというような飲み方をしていました。
冬場にお湯で飲んだこともありますが、特に、ストローで飲むと、やたらにすっぱかったことを覚えています。
 
このワタナベのジュースの素には、ちゃんと、オレンジ、グレープ、パイン(だったかな…)の3種類くらいの味があったと思いますが、
やはり、最も消費されていたのは、オレンジだったような記憶があります。
特に、小さい袋のワタナベのジュースの素の場合、
水に溶かして飲むよりも、直接、袋に人差し指を突っ込んで舐めるというのが主流の飲み方(食べ方か)で、唾液で溶かしながら味わうには、オレンジが一番おいしかったように思います。
 
こうした粉末ジュースの類としては、他に、井村屋のソーダラップ、春日井シトロンという、炭酸系の粉末ジュースもあり、この系統では、井村屋のソーダラップのメロン味が最も飲まれていたようにも記憶しています。

さらに、ワタナベには、お汁粉の素というのもあって、こちらも、かの林家三平師匠が「おもちも入ってペタペタと、安くて、どうもスイマセン」というCMで強烈に印象に残っていますが、
おもちといってもほとんどあられのような奴で、あんこもあまりおいしくなく、子供心にも、「おもちも入ってカリカリと、まずくて、どうもスイマセン」というべきではないだろうかと思ったのを覚えています。
 ということで、ワタナベのジュースの素は、指先と舌をオレンジ色に染めた記憶と共に鮮明に覚えているわけですが、こうした粉末ジュースの類も、僕が小学校を卒業して
中学校に入る前後辺りから次第に姿を消し、中学校のいつ頃からだったか、はっきり記憶にありませんが、いつのまにか、冷蔵庫を開けると、ファンタやコカコーラが入っているという時代になりました。
 それは、我が家の家計だけでなく、世の中全体が、少し余裕が出てきた証でもあったでしょうし、冒頭でも触れた、世の中の「チクロ騒ぎ」で粉末ジュースが真っ先に槍玉にあげられた結末でもあったようです。 
 ちなみに、エノケンと三平師匠のCMで私たちの記憶に刻み込まれた渡辺製菓について、「ぼくらのヒット・パレードVol.1/195859」(リクルート)には、こう記されています。
 「(コーラなどの浸透に)追い討ちをかけたのが『ジュースの素』に多量に使われていた人工甘味料、
合成着色料などに対する消費者の拒否反応の高まり。こうした逆風の中で経営難に陥った渡辺製菓は、昭和46年ついに経営を断念。現在のカネボウフーズに吸収合併され、その歴史を閉じた」
 つまり、渡辺製菓は、文字通り、60年代の終焉と共に、その歴史に幕を閉じてしまったという残念な結末を迎えたわけです。

キーワード

という - 食料品店 - 現在 - こうした - さらに

すぐに読める掲示板

  1. 【赤い酔星】中日新聞・東京新聞こそ電波その73
  2. 【赤い酔星】中日新聞・東京新聞こそ電波その72
  3. 【東京新聞】韓国人学校への都有地貸与は国際的な約束がある案件 「白紙」は韓国側の反発や不快感を招く可能性もある★2
  4. 【東京新聞】映画評「やるぞ!内閣改造」(主演、監督・安倍晋三 二〇一六年制作) 少なくとも中国、韓国でのヒットは望めまい[8/05]©2ch.net
  5. 【東京新聞】韓国人学校への都有地貸与は国際的な約束がある案件 「白紙」は韓国側の反発や不快感を招く可能性もある
  6. 【東京新聞】桜井誠氏の「選挙ヘイト」、見過ごしていいのか 民団関係者「『出ていけ』はヘイトスピーチ。何か対応策はないか」
  7. 【東京新聞】 韓国人学校への都有地貸与は国際的な約束がある案件 「白紙」は韓国側の反発や不快感を招く可能性もある★9
  8. 【東京新聞】 韓国人学校への都有地貸与は国際的な約束がある案件 「白紙」は韓国側の反発や不快感を招く可能性もある★9
  9. 次期衆院選小選挙区 「民進、共産、生活、社民の4野党が共闘すれば議席は2倍」と東京新聞が試算
  10. 【東京新聞】 韓国人学校への都有地貸与は国際的な約束がある案件 「白紙」は韓国側の反発や不快感を招く可能性もある★6