マハーカルナー禅師の潔白を検証するスレ Part 3

マハーカルナー禅師に関する話題はこちらでどうぞ。

●事件の経緯
2017年
11月02日
旧マハーカルナー法友会が、公式サイトにおいて次のアナウンスと共に活動を無期限停止。
「マハーカルナー禅師が、律で禁じられた項目の中で最も重い罪であるパーラージカ(淫・盗・殺・妄)を犯しているとの情報提供を、複数の第三者から受けました。本会の今後一切の活動の無期限中止を決めました。」

11月3日
マハーカルナー禅師、マハーカルナー傳修院を立ち上げ。
サンガ出版の公式ブログから、マハーカルナー氏関連のエントリーがすべて削除。

●前スレ
【テーラワーダ仏教】ブッダの教えと冥想の実践11
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/psy/1425309691/816-1000n
【テーラワーダ仏教】ブッダの教えと冥想の実践12
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/psy/1509847171/
マハーカルナー禅師の潔白を検証するスレ
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/psy/1510105389/
マハーカルナー禅師の潔白を検証するスレ Part 2
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1511047783/

●リンク
マハーカルナー傳修院
http://mahakaruna.online/
ツイッター
https://twitter.com/Mahakaruna00
ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC
公開質問状
http://yamaneko.hatenablog.jp/entry/2017/11/09/075123
http://yamaneko.hatenablog.jp/entry/2016/12/20/120645
水源禅師の証言
https://t.co/D5289B4sHqhttp://www.ekayana-vihara.com/books/
元ウ・コーサッラ長老による言及
https://ameblo.jp/2430soken/entry-12321186014.html
マハーカルナー禅師のうわさ
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=565098&id=1948970680 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:b73a9cd27f0065c395082e3925dacf01)

傳修院HP上では回答なし
まあ想定内だよね
やっぱりパオ日本道場の件は嘘っぱちだったか

いま、傳修院に行っている人、これから行こうとしている人が、もしも自分の家族であったり、大切な人であったならば、それでも貴方は黙っているのでしょうか。

パーラジカ云々うるさいからテーラワーダ仏教は否定する
しかしテーラワーダ比丘であるパオセヤドーの葵の紋所は欲しい

結果、このような狂った理論を打ち立てたと

原始仏教重視という姿勢は、2014年8月発行の『別冊サンガジャパン1』361-371頁にも載っていることだが、
「テーラワーダの比丘ではない」とハッキリ公表した(ただし直筆の署名文ではない点には注意)のはこれが初めてと思う。

これまで、テーラワーダの比丘として受けてきた布施や奉仕についての責任は、まるで感じていないのかね。
彼が比丘だと信じて奉仕をしてきた元スタッフや、僧院設立のためにお布施をしてきた在家信徒から、詐欺で訴えられた場合、どうなるのだろうか。
波羅夷がバレない限り、テラワダの比丘として布施と奉仕を受けますが、波羅夷がバレたら、テラワダじゃありませんでした、もともとは原始仏教です、とか。
詐欺で立件できないの?

日本の法律では、宗教を直接的に取り締まることは難しいかもしれないが、
詐欺行為の取り締まりならば可能ではないかと考えているのですが。

素朴な疑問だが
仏教3.0を掲げてアップデートをおこなっている鎌倉の方はテーラワーダの比丘?

誤 あるのな
正 あるのかな

失礼。
埼玉にもテーラワーダ系と思われるが独特の説を前面に出している方もいるし、
何気に純粋なテーラワーダの比丘でいるのは難易度が高いのか。

テーラワーダ仏教が本当の仏教だとしたら、お腹の膨らみ縮みや、伸ばします伸ばしますって瞑想方法が教典のどこに書いてあるのか教えて欲しいニャ

仏教を変化させているのは本物だ、長老の教えだから間違いないと言っているテーラワーダじゃないのかニャー

法脈とはお釈迦様からの言い伝えだからニャー

経歴が事実ではない(まだ一部だけど)ことは明らかになった訳だけど
だったら今まで嘘ついてたのは何故かってことだよなあ
パオの比丘じゃないっていう水源禅師の指摘には、訴訟を起こす準備中って言ってたよね確か

結局パオがどうだテーラワーダがどうだと言うより解脱が目的の仏教だから、経典通りのお釈迦様のやり方を忠実に再現し、詳しく指導しているMK師は正しいにゃん

ブランド志向では何も得られないのら…


(-_-)zzz

本題に戻ると
日本仏教も色々あるわけで
南伝仏教を学んできた人がみな色んな方向に行って花咲く状態は、
ある意味、健全といえば健全なのかもしれないな。

そういう動きなら良いのだが、波羅夷だからなぁ。
どちらかというと詐欺だと思うよ。

>「原始仏教」の比丘、「テーラワーダ」の比丘ではない
どうやったらなれるんだ、これ。

>お釈迦様は「仏教の衰退はサマーディの軽視から始まる」と仰っています。
ソースは何でしょうか?

>原始仏教を学ぶ上で、傳修院以上の道場はありません。
よくまあ言い切れるね。

喋るほどボロがでるな。ブログ、やめたほうがいいんじゃないか。

アビダンマが正しいのは、仏法なのだから、当たり前と言えば当たり前なのでは。
数学の教師が、プライベートでセクハラしてても、数学の理論自体は正しいのと同様で。
ただ、数学の理論が正しいから、セクハラ教師が正しいというのは、理論がおかしい。

一法庵の山下良道氏も、マハーカルナー氏と同類だよ。

パオの威を借るペテン師

冷静になって考察してみると、
看板掲げて「お釈迦様のダンマ教えてやるよ!」
ってやってる時点で何かおかしい。
慢心の表れだから。

本物の修行者や聖者ならそういうことしないはず。
現に森林僧院で修行してる日本人比丘とか沈黙を保ってるし。

法友会の時は元スタッフが運営管理してる体だったから違和感なかったけど
傳修院になって一気に化けの皮が剥がれた感じ。

今はスタッフブログって体でMKさんが書いてないってことで責任逃れしてるけど
11月とか事件直後のHPとかツイートが気持ち悪いのは
(今のも充分気持ち悪いけど)
生のMKさんの意図が見え隠れしてるからだろう

あーそうか。
きっと中の人はこのブログに気持ち悪さは感じないんだろうな、同じ思いを共有しているわけだから(たぶん)。

選別する意味で、キモ悪いいブログなのかもな。

中の人なのか何だか知らないが、
みんな怒りに満ち溢れていると思考しているなら
それこそ歪んだ見解だね。

微笑ましい気持ちでブログを見てみたら気持ち悪さを感じた。
感じたことを素直に述べたら、怒りに満ち溢れているというかのように言われた。
異常なのはどっちか。

他人の言葉に怒りを感じる場合、二つのケースが考えられる
ひとつ目は、本当に怒りをもって発せられた言葉の場合
ふたつ目は、その言葉を受けて自分の中に怒りを生じた場合

一応、潔白を検証するスレなので冷静に考えれば、
比丘なのに、僧侶なのにと言われようが、
名誉毀損で訴えて、事実を明確にしたほうが今後のためになると思うのだが。

信頼が失墜していて、なぜ新たに信者?が獲得できるのだ。

二つ前のスレからこんなの拾って来ましたw
↓が事実とすると、マハーカルナー禅師はパオの比丘ではないという水源禅師の指摘を、最初は訴訟で封じ込めようとしてたみたいですねえ・・・

http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1510105389/577

>577 神も仏も名無しさん 2017/11/16(木) 09:47:28.91 ID:JmR05PZV
>最後に真実を暴露して締めくくりたいと思う。

>このレスはいつ無くなるかわからないので魚拓くん魚拓を頼む

>皆さんが一番気になっていることは禅師の経歴のことではないのであろうか?
>あの件のことを書いておこう。

>確かに水源師の発言から、改名(パオ日本僧院→マハーカルナ―法友会)になったのは事実
>経緯を知らない方は内部の方でも多い思うが、禅師も水源師も共にパオ僧院で修行をしていた経歴には間違いない。

>そもそもパオで修行していたことなどマハーカルナ―禅師はどうでもよくあまり気にしていなかった様だ。
>しかし法友会、発足当初「禅師、パオの経歴を書かないと人が集まりませんよ」という声が大きかったので経歴をHPに載せていたそうだ


>両者ともパオ僧院で修行をしていたのに、なぜマハーカルナ―禅師だけパオセヤドーから任命されなければならないのか・・・
>私の立場はどうなるのだ、と言う水源師のissa(嫉)からはこの件は始まったようだ。

>水源師の発言により各方面より疑惑が生じはじめ、何とかこの件を解決しなければと元禅師の運転手の弁護士を含め告発を準備をしていたらしい。


>しかし、水源師は海外に滞在してため証拠をつかむには、弁護士を海外まで派遣し事実を確認したうえで、告発をしなければならなかった。
>当然、修行と仕事を両立していた弁護士のSさんは大変忙しく、それを察した禅師はこの件でみんなに迷惑をかけるには馬鹿々々しいと自ら、アナガーリカに頼んでホームページからパオ森林僧院に関する一切の記事、画像を削除させたそうだ。


>続く・・・

>仕事に行く為

今回のことの詳細が一切不明なので結局、何も無かったことと同じ。
だからMさんは、何もなかったこととして自由にやっていくことができる。
元スタッフらを責めたくないが、つい言いたくなってしまう。
あなたがたは大変な罪を犯した。
小さな自分の心を守るために大義を損ねた。

Mさんは、アメリカのプロダクト・ローンチなどの広告の手口を知っているでしょう。
客集めの要領で信者を集めるようになる。
いや、そのやり方で前からやっていた。
今は、これが露骨になっているだけ。
特別な存在に思わせ無意識に選民化したり、今回限りという時限商法を行ってあさらせる、
向上心をくすぐって参加する人を増やそうとする文言の多用。
彼は商売人ですよ。
こういうのがカルト宗教になっていくことが多いね。

特別で選民意識と罪の意識。
アメとムチの併用。
新興宗教やカルト宗教にみられる信者束縛の原理原則。
これがみられる。

Mさんには注意が必要だと思うね。
初めてのテーラワーダ・カルトの登場になるかもしれない。
リアルタイムでカルト化していく集団を見ることができる希有なチャンスといえばチャンスだが、
とんでもないものを野放しにしたと思うよ。

1997年にスリランカのピヤッダシ・マハーテーラ長老から受けたという比丘戒は結局どうなったのか。

水源禅師が法話集41で言っているように、もうとっくの昔に無効となっているのか。

※今回のブログ更新 http://mahakaruna.online/201801062343
“比丘戒を授かるときは、原始仏教を探求する比丘から「テーラワーダには属さず、原始仏教を探求する」許可とともに比丘戒を受けられました。”
とあるのは、1997年の比丘戒とは別ということですわな?

『傳修院でもパオ・セヤドーのダンマを伝えています。パオの名前は使っていませんが、パオ・セヤドーは”Name is not important. Dhamma is important”と仰っており、大事なのは名前ではなくダンマです。』

んーと、あのー、この文がまさに、パオの名前を「使って」ますよね。。。使ってるんじゃないんでしょうかこれは(笑)

・『禅師は、パオ・セヤドーからkammaṭṭhāna(業処)の法脈を受け継ぎ、日本にダンマを伝えるよう求められました。』
・『比丘戒を授かるときは、原始仏教を探求する比丘から「テーラワーダには属さず、原始仏教を探求する」許可とともに比丘戒を受けられました。』
http://mahakaruna.online/201801062343


このとおりだとすると、パオ・セヤドーは、テーラワーダに属していない比丘(マハーカルナー氏)に対して、パオ森林僧院日本支部の設立を命じていたということになるわけだけど、
そんなことってありえるのですかね?

パオ・サヤドーは、「私の著書と清浄道論をしっかり読んで(一人で)
修行すれば、涅槃まで行ける、と言っている〜「パオ・セヤドー
問答集」(菩提樹文庫)。
パオ・サヤドーの法脈と無礙解道、何の関係があるんか。

当のパオ・セヤドーは、清浄道論に基づいて指導してるわけですよね。
パオ・セヤドーよりも、もっと正しい、より正しい原始仏教をやってますよ、ってわけですか?

清浄道論が、無礙解道や解脱道論を元に編纂されたという、(おそらくは文献学的な)
その知見は、もともとは誰が指摘したものなのでしょうか。

「パオ・サヤドーの法脈を継ぐ」と豪語する<なんちゃて弟子>に付くなら、
何より先に、パオ・サヤドーの本を読まなくっちゃ。
4冊、日本語になってんだから。

MK氏、「私は清浄道論に立脚しない」と宣言するのも自由だが、
それでは「私はパオ・サヤドーの弟子ではない」と言っているのと同じ。
正直に、「パオ・サヤドーは袖にして、俺は勝手にやっている」と
言えば、誰も混乱しないのに。MKマジックか?

誰かが「数息観と(痛み、痛みの)ラべリングは同じではないか」、
という意見があったので一言。
数を数えるのは、数に重点があるのではなくて、心を散乱させない
ための杖みたいなもの。なるべく早く捨てるのが正解。数自体に
執着すると瞑想が進まない。やってみれば分かる。
「痛み」とか「かゆみ」とかのラべリングは、意味が重過ぎて、
ラべリングがうまくなればなるほど、ラベリンブに引きずられる。
<痛い+痒い+こそばい+しびれている>これが刹那に同居する時、
どうラベリングしてもアウトだし、なにより、言葉より先に、身体と心の現象
が先へ先へと進むのがイタイ。
ラべリングがくせになると、禅定には入れない。ラべリングは、
ある時点、早めに捨てるなら、初心者には杖になるけど。

バカにつける薬はないというが、バカは薬を必要としていないのかもしれない。

すまん、自分の会社なので、遅刻OK早退OK、
気まぐれ じじい なんだ(笑)。

自分とこの比丘でもない人物に、自分とこのシステムでもない教えを広めることを、パオセヤドーが「許可」したり「求め」たりするって、どういう意味なんだろう?・・・

それって普通ありえるの?

経歴云々以前に、波羅夷を犯した時点で既に比丘たり得ない。

具体的に、波羅夷の詳細な内容をここに書くことは適切ではないと思うので書かないが、例えば探偵を雇って一定期間被疑者を監視させれば、十分な物証は揃うと思う。
彼の私生活そのものが、既に分かりやすい証拠の塊なので。

テラワダではない、原始仏教だというのは、日常的な言葉で言うと「言い訳」とか、「言い逃れ」でしかないでしょうよ。
伝統比丘サンガの律に従えば、波羅夷=永久追放。
で、終わり。

サヤレーが翻訳された、「偽比丘の見分け方」にも、パーリ経典からの引用付きで指摘されている通り、仏陀在世の頃から、彼の行いはアウト。
たとえ原始仏教でもアウト。
現代に原始仏教が現存するというのは、どういうタイムマシンを使ってるのか不明だが。

事態が公になったのは、昨年11月のことだったが、実際には、事が公になる何年も前からとっくに終わってた。
しかし、波羅夷の比丘、しかも外国人を、比丘サンガがわざわざ追いかけていって裁くようなことはしないらしい。
考えてみれば当然だが、みんな彼岸に渡る仕事で忙しい。
波羅夷問題に関われば、それだけで仕事に大きな障害になる。

お前らの文章もう飽きた

もっと新しいこと書けや

例えばマハーカルナー師はホモだったとかよ

母国へ戻った外国人比丘を、サンガが追っかけていって、
サンガ追放にはできないらしいけれど、今年もヤンゴンの
セヤドーは来るでしょう。多少進展しないかな。

MK禅師が日本人かどうかも不明ですよ。
「日本語を話すアジア人」ではあるでしょうが、
在日外国人の可能性がおおいにあるのではないでしょうか。
(水源禅師によると)MK禅師の名前は「金森」のようですが、
これが本名なのか通名なのかも分からない。
だから「マハーカルナーなる日本人はいない」けど、
別の国籍で登録されている「マハーカルナー」ならいたのかも。
しかも名前をたびたび変えていたみたいですし。

いつも他の日本人比丘と一緒にいて、日本語を話し、
「日本から来ました」って言っていれば、みんな日本人だと思い込むでしょうけど。

まず、「禅師」(アーチャリア)じゃないけどね。

彼が在日ではないかという指摘は、実は各所で聞かれる。
韓国、朝鮮の人が全員悪とは思わないけれど、日本に恨みを持つ朝鮮人の場合、日本人を騙して支配することは善であり、本能的な快感を覚える行為なのかも知れない。
二世、三世の場合、無意識的にやってる可能性もある。

在日韓国人による、日本企業(特に信用組合)の乗っ取り事件など、現在でも実被害ありますよ。
長年、裁判で戦ってきたので、単なる印象で言っているわけじゃないんです。

あと、マハーカルナー氏はもろもろ不道徳/戒律違反とかやってる可能性があっても、
本人が隠している出自(生まれや国籍等)を他人が暴くことはそれ自体問題あるかもしれんから、
やりたい人は注意しといたほうがいいと思うよ。

彼の経歴問題や戒律違反等を批判するときに、彼の出自を持ち出す必要はない。
生まれのことを直接関係づけなくても充分批判できるはずなので。

そのへんのマナーは意識しようぜ。

日本で問題を起こした新興宗教の教祖が、かなり高い割合で在日。

比丘戒を受けるなりして仏教の世界に入ったあとの経歴が焦点なので、
生まれや民族とかいった「仏教に入る前からのプロフィール」は、とりあえず関係ないはず。
国籍についても仏教の世界に入る前にどこの国籍だったかは、やはり無関係でしょう。

で、マハーなおっさんに関していえば、経歴だけでも公開して欲しいですな。
が、おっさんは、これを拒否。
ってことは、真っ黒な経歴ってことを物語っていると判断されても仕方ないということですね。

「公人」の範囲に入るかどうかさえ、それを誰が決めるんよという問題がありますしね。

その人たちは(何らかの事情があって)証拠を出してないんですよね。だから裏付けがないわけ。(私はそれを責めませんが、裏付けがないのは事実)。
サヤレーの質問状は、「マハーカルナーさんの不回答」という具体的な結果を出してる。そこが違う。

0 - 1(次) - 2 - 3 - 4 - 5

引用 : http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/psy/1514710590/

キーワード : という - 自分 - パオ